民進党への提言2016年10月17日 10時26分22秒

 昨日行われた新潟知事選挙で「原発再稼働」に消極的な政策を主張してきた米山隆一氏が自民公明が推す原発再稼働派の候補を破って当選した。

 民進党は電力会社系の労組の支持を得るために原発再稼働に反対できずに来ていたが、この趣旨で党内をまとめきれずに「自主投票」という姑息な手段で逃げたために、米山氏を支持したのは共産、社民、自由という弱小政党だけとなったが、それでも勝利した理由は「原発の再稼働反対」の一点に集約されていたと思うし、これを支えた無党派層の力だと思う。

 東京都知事選で小池百合子氏を支持したのもベースは無党派層であり、自民支持よりも大きな比率を占める無党派層の支持が得られるかどうかが勝敗のカギを握っていると考える。

 自分を含めて無党派層の意識としては、傲慢な今の自民党の政策には反対だけれども、これに代わる民進党が頼りなくて、とても指示できる状況ではないことである。

 民進党は原発に賛成する労組よりも、それに反対する無党派層の支持を得たほうが、はるかに政権への近道になっていると思う。党内には賛否両論があると思うが、労組のほうではなく、一般国民の体制が求めている方向に政策転換して、しがらみのない希望に満ちた民進党に衣替えしていただくことを切に希望する。


コメント

_ 安藤太郎 ― 2017年02月22日 13時56分59秒

かっては永年左派を応援していた時期もあったがが、自民の政策に反対するだけの能力しか持たない政党になり下がってしまった民進党に失望。憲法改正や自衛隊に賛成するのかしないのかなど基本政策を立て、たとえ数十人でも現政治に是々非々で対応する政党を打ち立てて欲しい。国会議員に鳴ればオンノジは許されない。

_ KAJI ― 2017年02月22日 21時04分35秒

安藤さん、お立ちよりありがとうございます。将に、おっしゃる通りで政策をもっときちっと絞って、国民に訴える力のある政党になってほしいです。

 例えば、原発に対しても大部分の国民は廃止する方向を望んでいますが、民進党の一部の議員が官公労の支援を受けているという理由で「原発反対」が主張できないのは情けない限りです。

 新潟や鹿児島の知事選挙でも原発反対派の知事が誕生していますし、小泉元首相の言ってますように、衆議院選挙でも原発反対と戦争反対を掲げればいいところにくのではと思っています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック