イラク戦の犠牲者2005年09月04日 08時37分38秒

 イラク戦争によって、都市の無差別な破壊に伴い、数え切れない人々が亡くなっています。アメリカ兵でさえ2000人近い人が犠牲になっています。更に今度は種族の対立の中で一度に1000人を越える死者が出ました。痛ましいことです。
 所が最近別の場所でイラク戦の犠牲者がいることが分かってきました。アメリカミシシッピー川河口付近のハリケーンによる被害は今なお救済のメドが立っていない状況の中で、必死の対応が進められています。
 最近伝えられている所では、この地方にハリケーンが来たら大きな被害だ出ることは数年前から予測され、一部の識者が警告を出していたそうです。その対策として莫大な費用が必要な所から、イラク戦争を抱えているアメリカとしてはこの対策に必要な費用が割けなかったということです。
 つまり、この災害で最終的にどの程度の被害が出るのか分かりませんが、ここにもイラク戦の被害者いることを知らされた次第です。しかもその種の犠牲になる人は常に貧しい人に集中すると言うのはほんとに悲しいことです。

コメント

_ sumiko ― 2005年09月05日 13時53分23秒

トラックバック、ありがとうございました。
未だこのトラックバックの意味が分からないのですが…

世界中あちこちで自然災害が(殆ど人間が招いた災害ですが)起きている。
アメリカは戦争どころじゃないのに、これでも先進文化国家と言えるでしょうか! 国の恥ですね。大国の為政者達は、ひたすら国の威信は最も大切で、そのための戦争に使うお金や人命は惜しくはないのです。こんな惨い政治にもブッシュ支持率はまだ40%強もあるというのですから、国民の責任もあると思います。貧しい人こそ諦めないで、一致団結してこの悪政と戦ってほしいですね。
日本も自民党が勝って、あくまでアメリカ寄りの姿勢を貫き、イラク派兵が続くのなら、郵政選挙と云えども、政権交代を望みます。

KAJIさんは、今も初心のままですか? 私は揺れてます。

_ KAJI ― 2005年09月05日 17時56分03秒

sumikoさん、コメント有難うございました。トラックバックと言うのは我田引水と言いましょうか、この場合私がsumikoさんのブログの記事を読んで、それに関連したことを私のブログに書きたくなったとき、sumikoさんの記事のトラックバックアドレスを頂いてきて、私の記事に添付しますと、sumikoさんのtrackbackをクリックしますと、関連した私の記事に飛んでくれます。つまりsumikoさんのところに訪問した人に対して、別の所にもこれに関連した記事があるよと、知らしてくれているわけです。かく言う私もよく分からなくて、今回始めて成功した次第です。
 
>日本も自民党が勝って、あくまでアメリカ寄りの姿勢を貫き、イラク派兵が続くのなら、

確かに、アメリカ追従で戦争に借り出されるのはコリゴリですが、実際問題として、今アメリカ抜きに日本の政治も経済も成り立たない状況だと、残念ながら考えざるを得ません。敗戦後の復興を進める過程で、アメリカによりかかり過ぎたせいなのか、物が言えなくなってしまっているのが実情です。何人かの人がアメリカの政策に反する動きをして、失脚してきている事も事実です。ですから、「アメリカに逆らって日本独自の道を進む」と言うのは確かに理想ですし、そうありたいと思うのですが、今の世界情勢の中では残念ながら、これは絶対に出来ないと思います。牛肉の輸入を遅らせるのが精一杯で、これとてどんな報復があるか、ビクビクしているのではないでしょうか。ですからイラク派兵も、イラクのためではなくて、アメリカの政策に賛成していると言うエビデンスとして、自衛隊を送っているのでしょうね。政府の人たちは「自衛隊に何かあったら困る」と内心では思いながら、必死でお付き合いしているのでしょうね。
 

_ sumiko ― 2005年09月05日 22時45分30秒

トラックバックを夫に教わり、TESTしてみました。成功! 嬉しい! 実際やってみると意味が分かりますね。どうも有難うございました。

でも前半はここの親記事に関係がないので申し訳けないのですが…


アメリカから一人立ちするためには、国力だけでなく戦闘能力も必要なので、今の憲法ではそれが出来ないから、悔しいけれどアメリカ寄りになる事は止むを得ないのかも知れません。でもアジアとの関係が良好であればアメリカを頼らなくても良いわけで、将来そうなって行くといいのになあ、と思います。
最近中国とインドが良い関係になってきたようで、この2国が結束したら、アメリカを凌駕するって事にならないかしら?

_ KAJI ― 2005年09月06日 10時04分45秒

sumikoさん、早速trackback成功されて素晴しいと思います。この機能がBBSと一番違う点でしょうね。blog同士が横に繋がることで大きなうねりになり、一つの主張になっていくのでしょうか。(一つのテーマは一つの記事にまとめるようにしたいですね)
 日本のアメリカ従属は、単に日米安保だけではなしに、(日本政府の弱腰にもよるのでしょうが)極端に云うと、アメリカの気に入らない政策は日本では進められないようですし、株も売買の大部分はアメリカからのようですし、あらゆる意味で叛旗を上げられないようです。
 アメリカに対抗するために、ヨーロッパではEU連合を作りました。アジア連合を創ろうとした人が日本にありましたが、アメリカに潰されてしまいました。或いは中国やインドが発案者になれば成功するかも知れません。
 今中国が経済的に大きな力をつけて来ており、アメリカにとっては目の上のたんこぶになって来ています。中国は日本のように弱腰ではないでしょうから、近い将来の火種になるかも知れません。

_ sumiko ― 2005年09月06日 23時25分42秒

KAJIさん こんばんは。
ブログにリンク貼りました、事後承諾ですがお報せします。不都合な場合はご遠慮なく仰ってください。

_ KAJI ― 2005年09月07日 07時43分36秒

sumikoさん、リンク確認しました。大変に光栄です。私のブログでは今の所リンクがどうしたら張れるのかよく分かりません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

_ すずめのお宿 ブログ - 2005年09月05日 22時12分10秒

総選挙を前に、民営化反対した民主党も元自由党議員たちも郵政民営化には反対ではないという。
おそらく解散後の自民党の支持率が高いから、国民は民営化を支持していると判断しての発言だと思われる。共産党は《自民党は公務員を削減して国の財政負担を無くすというが、郵政公社員の給料には税金は使われていない》という。それじゃ公社員の給料は、郵送料や保険金から支払われているの? この辺の事が分からない。解散後、これまで知らなかった事をTVやネットで随分勉強できたが、全く反対の意見もあり、ますます分からない。どちらを信じたらよいのか、本当に民営化が国民のためになるのか??郵便貯金や簡易保険で集めた330兆...